フィンペシアとプロペシア

フィンペシアとプロペシア

薄毛に悩んでいる方の中には、フィンペシアを服用されている方も多いようです。
フィンペシアというのは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として有名なプロペシアのジェネリック製剤になります。

プロペシアもフィンペシアも主成分がフィナステリドであることには変わりありません。

ただ、プロペシアを病院で処方してもらう場合には、月に7千円以上の出費がかかり、個人輸入代行で注文するとしても、安くて4千円ちょっとくらいかかります。

それに対してフィンペシアだったら、最安で1千6百円ほどで済むのです。
長く服用を続けたいと思うのなら、この価格差は大きいでしょう。
でも、フィンペシアは日本では認可されていませんから、個人輸入するか個人輸入代行業者から購入するしかありません。
また、フィナステリドには副作用があるといわれていますが、フィンペシアにはプロペシアでは発生しない副作用が起こる可能性もあります。

主成分は同じフィナステリドでも、全ての成分が同じではないためです。
もし、肝機能に問題がある方がフィンペシアを服用すると、肝機能障害などが起こる可能性もあるので、医師への相談が必要不可欠になります。

それに、発がん性がある粗悪品などを販売する悪質な業者もいますから、信頼できる業者から購入する必要があるでしょう。
プロペシアを服用していた時には、薄毛の改善効果を実感できていたのに、フィンペシアに変えたら効果がなくなったと感じる方も少なくありません。

もちろん、フィンペシアを服用して薄毛の改善効果を得られる方もいますが、その服用にはプロペシア以上に注意が必要です。