30代で薄毛に悩む人のための育毛剤特集

育毛剤と育毛シャンプー

育毛シャンプーを利用されている方の中には、「育毛シャンプーを使っているのだから、これ以上、育毛剤は必要ないのではないか」と思っていらっしゃる方が少なくないようですね。

けれど、育毛剤には育毛剤の役目というものがあります。

それでは、育毛剤の役目には一体どういったものがあるのでしょう。

まず、育毛剤の大切な役目に、毛根への栄養補給があります。
薄毛の原因として、抜け毛が多くなったり、髪の毛が細くなってコシがなくなったりすることが挙げられます。

これらを改善するためには、髪の毛が生えている毛根に十分な栄養素を供給してあげる必要があるのです。
健康な髪に必要な栄養であるビタミン、ミネラル、アミノ酸などをバランス良く供給することにより、現在ある髪の毛が抜けてしまうのを防ぎ、細くなった髪の毛にコシやハリが生まれるようになります。

このような栄養補給は、育毛シャンプーではなかなか実現できませんよね。

また、育毛剤には毛母細胞の活動を促すことにより、丈夫で健康な髪を作り出す役目もあります。
毛根まで栄養が行き届くようになれば、直接髪の毛を作っている毛母細胞が刺激を受けて細胞分裂が活発になり、髪の毛を発毛させると同時に、成長もさせてくれるようになるのです。

以上のように、育毛剤には、現在生えている髪の毛を丈夫な状態へと導き、発毛を促す大切な役目があるといえます。

薄毛に悩んでいる方は、上手に育毛剤を活用されてみてはいかがでしょうか。